疲れ目と眼精疲労

疲れ目と眼精疲労の違い

疲れ目は、翌日には回復する一時的な症状です。
これに対して眼精疲労は、十分な休憩や睡眠を取ってもなかなか回復しない慢性的な症状です。

対処法

目を休ませる
目を一時的に冷やす、または温める
目の周囲をマッサージする
適切なメガネやコンタクトレンズを装用する
コンタクトレンズの過剰使用を避ける
乾燥や紫外線から目を守る
市販の目薬を点眼する

疲れ目と眼精疲労に効く有効成分


ビタミンA(レチノールパルミチン酸エステル)
角結膜細胞を再生する作用や目にうるおいを保つ作用、視覚機能を正常化する作用。

天然型ビタミンE(酢酸トコフェロール)
抗酸化作用・抗炎症作用・血行促進作用。

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
目の組織呼吸を活発にする。

ネオスチグミンメチル硫酸塩
シアノコバラミン(ビタミンB12)
目のピントを調節する筋肉組織「毛様体」に作用して、目の筋肉の疲れをほぐす。

アミノエチルスルホン酸(タウリン)
L-アスパラギン酸カリウム
新陳代謝を促進し、目の疲れをやわらげる。

コンドロイチン硫酸ナトリウム
角膜保護成分。水分を保持し、外界の刺激から角膜を保護する。

塩化ナトリウム、塩化カリウム
涙液中に含まれる成分のひとつ。涙液不足による目の乾きや目の疲れをやわらげる。


  • 最終更新:2010-02-08 11:13:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード