第○類医薬品とは?

2009年施行の改正薬事法より、一般用医薬品は主に消費者に対する情報提供の必要性の程度によって
第一類、第二類、第三類の3種に分けられています。


第一類医薬品


第一類医薬品とは?

副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち
特に注意が必要なものや、新規の医薬品。

販売方法

薬剤師の常駐する店舗販売業や薬局のみ。
ネットでの販売は不可。


第二類医薬品


第二類医薬品とは?

第一類医薬品以外で、その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品。
一般用医薬品の大半がこの第二類。

販売方法

薬剤師の常駐する店舗販売業や薬局のみ。
ネットでの販売は不可。※1

※1
2009年5月31日までにその店舗での購入履歴がある
もしくは、厚生労働省が定めた離島に住んでいる人のみ購入可能。


第三類医薬品


第三類医薬品とは?

上記以外の一般用医薬品。
購入者から直接希望がない限りは、商品説明に際して法的制限を受けない。

販売方法

一般小売業(コンビニ、スーパーなど)でも販売可能。
ネットでの販売も可。


  • 最終更新:2010-03-17 13:58:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード